ユニバーシティに入り、切望かなってとうとう独り暮らしになりましたが、余白が僅かという気づきました。
それからは、どうしておいしい炊事を仕立てるか、節約するかに夢中になり、炊事の雑誌を買ったり、ライブラリーで借りたりしました。炊事の原則も稽古したくなり、マテリアルや炊事の原則を教えてくれるような公式も借りてすこしずつ作ってみたり、中華炊事をマスターするって決め、中華炊事を紹介している公式の通りにだらだら作ってみたりもしました。面白いことに、独り暮らしでは取るから買ったほうが割安といったわかりながら、マスターしたくってシュウマイや中華ちまきなどまさか凝った炊事をしているときに限って、突然の友人の顔出しを受けました。マグレとはいえ、一丸著しい第六感をしているなあとビックリことを覚えています。勿論、やっと作ったものは所詮一種くらいしかわたしの口に入らず、やっぱりなあ、尚更食べたかったなあと思ったおみやげも・・・。
炊事雑誌のクリスマス号は特に華やかな炊事ばかりで、今でも友達や身寄りに炊事でもてなすときに役に立っています。激安通販情報はこちら