自分が学生時代に集中になったことは部活だ。高校生に入学して踊り部という付きを知りました。名工のチーム紹介で踊りを見たときに凄く格好よくて、側という視聴に行きました。顧問の教員がプロのダンサーということもあり、公立高校生でしたが甚だ本格的な踊り部でした。今まで運動会くらいでしか踊りを踊ったことがなかったので僅か不安でしたが、名工方も優しそうで楽しそうだったので入部しました。おんなじ学年に15ヤツほど隊員がいて、途中で3ヤツやめましたがそれ以外は最後まで続けました。布石特訓にバレエが入っていたのでカラダが硬かったのが辛かっただ。通常続けていると少しは慣れてやわらかくなりましたが、バレエ先人の友達の足もとにもおよびませんでした。踊り先人の乳幼児も数人いてキャパに少々誤差もありましたが、特に隊員個々が果てしなく仲が良くて楽しかっただ。通常チームの特訓下部やブレイクタイムのキャッチボールの方が楽しみに陥るぐらいでした。そのときは通常面白いのが当たりまえと思っていましたが、大人になってから通常ユーモアすることなんてないといった気づきました。今思えば本当に貴重な青春現代だったんだと。今でも踊り部の隊員たちは仲良くやっています。http://www.centralitycomm.com/