小学生の時、縄跳びのバリエーションを抗う催事があってそれ以来縄跳びが好きになり、わりと得意な詳細となった。ですから登用の際に書くキャリア書の得手にも「縄跳び」と書く。
そのバリエーションの詳細だが、10級から1級、そして初段から有名人までの階段があって、たしか10級が2重回し10回程度で有名人が3重回しを10回跳ぶ言動だったって記憶して要る。
因みに僕は有名人の一歩前、4段までクリアした。4段は後方交差倍跳びを20回で、自分としては実にできた側だと感動したり、少し自慢のマテリアルだったりした。
今でも後方倍廻し(2段)や隼跳びというあや跳びでの倍廻し(初段)は弱くクリアできる。
近所の小学生低学年と思われる女が冬場になるとそれほど縄跳びのリハをしている現実を見掛ける。つい一緒にオジサンと縄跳び断ち切る?って導きたくのぼる衝動を抑えている次第である。おっと危うい、まずい。最近は被疑ヒト条件患うので気を付けなければ、ね。おすすめはこちら!